安達太良山
2015年10月12日

”早池峰に登った帰りに登ろう”くらいに考えていた安達太良山。

そんなさもしい心根を吹き飛ばす、まさしくド級の紅葉と、

台風さながらの突風と、

そして、そんな安達太良を楽しもうとするゴンドラ駅から頂上まで続く長〜い登山者の列。


いろんな意味で、おみそれしました・・。

奥岳登山口  6:23

 前日に常磐道経由で福島入り。吾妻小富士を御鉢巡りした後、郡山のビジネスホテルで1泊。朝早起きして駐車場まで約1時間。すでに1/4ほど埋まっていました。関東支部長の情報収集力のおかげです・・。




 くろがね温泉経由鉄山へのコースをとった我々は、人もそんなに多くなく、青い空に映える紅葉の何とも言えない美しさに感動の声を上げながらぶらりぶらりと歩を進めます。

  
東北の紅葉は美しいと聞いていましたが、

いやはや・・・。
くろがね小屋  7:57

  卵の匂いがしてきたら、そろそろくろがね小屋です。ロケーションは抜群!ここに泊まれていたら、朝焼けの紅葉は壮絶だったろうなと…。

峰の辻  8:38

 アレに見えるぽっこりが安達太良山頂上。
   
 
 馬の背への登りの色は、渋いエンジ色。

  なんなんだぁ?これは??

稜線にはとんだサプライズが待っていました。安達太良山は、こんなにスケールの大きな火山だったんだぁ!!


 あれに見えるは、鉄山。馬の背のズルズルを、水っ洟がちぎれ飛んでいく強風の中トボトボ向かいます。


鉄山  9:16

 遠くから見ると、”こんなん登れんし”と思っていた岩の殿堂は、西側にわたくし用のトレールがちゃんとついていました。



 来た道をたどって、今度は牛の背越えて、あのぽっこりまで・・・。


 振り返ると、北に横たわる吾妻連峰。
安達太良山頂上  10:07

 そして、快晴の頂上。二礼二拍一礼して、今回の非礼をお詫び・・。



 船明神山の向こうには、昔お世話になった磐梯山が顔をのぞかせています。家族で倉敷から二日がかりでやってきた磐梯。懐かしや・・。


こちらは福島市街地。

福島、きれいだなぁ。

 ゴンドラ駅に向かう下りは大変な事に。ほぼ切れ目なく続く登りの行列。下る我々に率先して道を譲る人はまずいない。たまにいても、甚だ迷惑顔。このままだと、頂上に着くのは夕方かもしれませんね。

 

そしてゴンドラへ。高度感抜群で、高所恐怖症の私を気遣って、関東支部長がゴンドラをゆさゆさ・・。
駐車場  11:49

 駐車場はすさまじい混雑。この下、岳温泉への道も、ほぼ3kmにわたって駐車場へ入るのを待つ車の列・・。

   東北、なめたらいかんぜよ・・。

番外編


前日訪れた不動沢橋から見た紅葉。

イヤーすごかったわ。

 

百の峰に百の神あり。
  
申し訳ございませんでしたぁっ!