祖谷 三嶺周遊
2011年8月12日〜8月14日
26年ぶりの白山。梅雨最中の霧の中登った前回とはガラリと異なり、すばらしい天気。月もペルセウス座流星群も、夜でも眠るのが勿体無いと思うほどの演出。水のない尾根上にある小屋に泊まる為に用意した荷物の重さには閉口したが、なんとか歩き通せた。白山って、あんなに雄大な山だったのね・・・。
2011年8月12日
市ノ瀬  11:36

  朝5時に自宅出発。盆にも拘らず、ほとんど渋滞に会わずに順調に山陽道⇒名神⇒北陸道とこなして、福井北IC⇒勝山経由。思えば、やはりIさんと訪れた荒島岳の直ぐ傍ですね、白山。


別当出合  12:12

  8/12はシャトルバスで登山口の別当出合まで400円。終点にはこんなに立派な水道もあります。
  


  今日のお泊りは甚之助避難小屋。よって砂防新道を登ります。吊橋を渡って・・・。
中飯場  12:54

  ここにもトイレに併設された水道があります。
別当覗き  13:57

  重い・・・。甚之助避難小屋には水道があるらしいが・・。AA型のコーブーは水を持って上がります。今日も70リットルのザック・・。


甚之助避難小屋 14:46

  すばらしい小屋に到着。本当に水道があります。トイレも水洗トイレ。環境省さん、ステキすぎ。



  今日は甚之助避難小屋で宿泊。テラスでは自衛隊の団体さんが下山してきて三々五々景色を楽しんでいます。僕は敷物を出して少し横になりました。


  ”コレは何だ?””蛾だ!”とは、夕刻に訪れて更に上を目指す年配のオヤジ。妙に人懐っこいキベリタテハでした。
2:24

  今夜のお泊りは、夜20時を過ぎて到着した女性を含め4人。が、大阪の単独行の兄さんのイビキの凄い事。たまらず夜中にごそごそ起きだして、テラスにテントを張りました。お陰ですばらしい月を眺める事が出来ました。


2011年8月13日へ