平家平〜冠山
2014年3月16日
萎えかけた心を叱咤して、春まだ浅い四国脊梁へ出かけました。今年は遅くまで雪に見舞われたので、桑瀬峠まで行って雪の状態を見てその先の行動を決めようと、アバウトな計画で臨みました。
寒風山トンネル  8:47

  6:00に松宅集合。寒風山トンネルへの登りは気温0℃。ノーマルタイヤしかはいていない我が愛車。”ムリですかね??”とビビリモード全開の松に、石兄は一言、”大丈夫じゃないですか。”

はい、大丈夫でした。

林道からの登山道取り付がいきなりの雪の急登。恐々ながらもかなり登ってきました。アレに見えるは冠山〜ちち山の稜線。昨秋に楽しんだコースです。
桑瀬峠  9:45

  今日はぽかぽか陽気になるとの天気予報の通り。気持の良い雪道が続きます。


  行く方伊予富士への漫歩。枝に張り付いた氷をもぎ取って口に頬張ると、気持の良い冷たさが疲れを癒します。




  伊予富士がどんどん近づいてきます。足は重くゼイゼイハアハア。最近全く運動が出来ていませんでしたので・・・。


  おまけに最後の登りはこのうんざりするような勾配・・。

やっと伊予富士頂上  11:38

  しんどくても登って来てよかった!西黒森、瓶が森方面。このあと石鎚も雲の中から姿を見せました。



来し方東方には寒風山〜笹ヶ峰〜冠山の稜線。


 ゆっくりお昼を取りたいところだけれど、帰路の寒風山トンネルからの下りが凍結しないか気になる松は、お昼ねタイムに入りそうな石兄をせかして、そそくさと下りにかかります。
雪の急斜面が怖い松は、ずりずり楽しみながら雪を滑り降りる石兄を横目に、クモザルさながら木を伝い歩いてなんとかクリアしました。




 こんな立派なつららもありました。

寒風山トンネル  14:39

下りはアイゼンをつけたため、降りやすいこと!
一箇所爪を何かに引っ掛けてこけました。急斜面でなくて良かった・・。

結局寒風山トンネルからの下りは気温10℃・・・。

っま、小心松のハイクはこんなものです・・。