上州 武尊山
2015年8月22日
このままだと登り残しになりそうな気配が漂う上州武尊山。公共交通機関によるアクセスの悪さはぴか一の評判。どーしたものか考えあぐねていると、新宮やまびこの関東支部長の天の声が。かくして武尊神社からの周遊コースが実現することとなりました。練馬区役所前バス停で6時過ぎに待ち合わせ。2週間前の燧ヶ岳の時とは打って変わって、順調に関越道を支部長の運転で進みます。たどり着いた先は武尊神社奥の林道終点P。天気予報があまり良くなかったからか、駐車スペースには十分空きがありました。

林道終点駐車場  9:03

 天気は薄曇り。気温はそれほど高くなく、ここにもじんわりと秋の気配が漂います。

剣ヶ峰山分岐  9:17

 コースタイム通りの歩みで分岐に到着。順調にいけば、下りは右の道から帰ってくるはず。

  登りはじめは緩いつづら折り。高度を上げるにつれ傾斜が増し、ちんどいに〜・・。
手小屋沢避難小屋前分岐
              10:24


 暑い中の登りに閉口気味。今回は支部長同伴なので、アブの攻撃は彼が受け持ってくれます。


手小屋沢避難小屋は稜線からすぐ。沢も豪快に流れていました。でも雷が怖いので先を急ぎます。

 ”クサリ・ハシゴが連続する”区間の岩場は濡れ濡れでよく滑り、とても嫌な感じ。
 登山道もいたるところがヌタ場化しており、ズボンが汚れちゃう〜!
武尊山頂上  12:20

  頂上には20名ほどの方が。約半数がランニングの方々。そのいでたちに、思わずレオタード姿を想像してしまいました。

  


そしてビューポイントに移ると

・・・・・・

展望はありましぇん。

でも、吹き上がる風の気持ちの良い事!
雷も鳴ってないし。
トンボ以外の虫もいないし。

大満足です。


 しばらくレオタード姿を楽しんだ後、そろそろ歩きますかということで、剣ヶ峰山への縦走路へ。しばらく歩くとウスユキソウ?隣にはトリカブト。今のところ不用品なので、素通りです。


  稜線上のお花を楽しみながら、



アレに見えるとんがった先までてくてくと、


時には前武尊の稜線が顔を出す中、
剣ヶ峰山  13:52

  歩いていると、とうちゃこ。

ここにもトンボがたくさん。流石はあきつしま、日本!

 下りは木の根が張り出した岩だらけの超急坂。こんなん聞いてないし・・。下りの苦手な僕は慎重に、慎重に・・。しりもち着いたら支部長が車に乗せてくれないかも。

 
 途中の水場はこんな感じ。写真では見えにくいかも。最近の雨もあってか、十分な水量でした。


これ、登山道です。
剣ヶ峰山分岐  16:03

  いや恐ろしい下りでした。登りに使うほうが良いコースですね。登山道がえぐれているため、後ろ向きで下りる場面が頻繁にありました。

林道終点駐車場  16:13

 無事到着。ほぼコースタイム通りの歩みとなりましたので、このコースはいつもこのようにヌタ場化したえぐれ道なのでしょうか・・。

 靴を近くの小川でじゃりじゃり洗って、支部長の車に乗せていただきました。(^ ^)


今回のサプライズはヒゲナガバチに刺されたこと。それも3か所。
蜂っぽいブンブンがやたらと飛んでいるとは思っていたのですが、
なにもちょっかいを出していないので、まさか刺してはこないだろうと。

近くに巣があったのか?
でもあれはわずかな水の流れに渡してある木だったし・・。

ともあれ、ヒゲナガバチで良かった

アブは支部長管轄。
蜂は僕の管轄。

・・・・・・・