ぼちぼち登山
鳳凰の向こうに富士山が顔を出しています。
北岳方面の眺めです。
甲斐駒頂上のI 氏の雄姿です。
考えてみれば、2400mの登りでした。
でも、足元の切れた場所にかかった凍ったはしごや鎖の連続でしたので、疲れよりも恐怖のほうが先に立ち、そんなに疲れませんでした。
今年は異常に雪が少ないとのことです。ラッキーです。
第一日目
正月の黒戸です。天気は良いが風があります。
景色は最高ですが、フィルムがきちんと入っておらず、尾根下部の写真がありません。
食料をどっさり買い込んでのI 氏との登山です。荷が重い。(笑
行程
1/3 駒ケ岳神社 黒戸五合目小屋
11:30 17:00
1/4 五合目小屋 甲斐駒頂上 仙水小屋
9:05 12:35 15:00
1/5 仙水小屋 大平小屋 戸台
4:55 5:55 10:35
今日も快晴です。
七合目付近から上を仰いでいます。
鳥居をくぐる頃は風がきつく、酸素が欲しい状態です。口の前から空気が逃げていきます。
I 氏はさっさと登っていきます。
第ニ日目
お次は仙丈です。遠く、中央アルプスが見えています。
八ヶ岳がくっきり見えています。
5合小屋に到着した時間が遅く、真っ暗でした。
小屋内にテントを張りました。
よく見ると人影が・・・・。
ごめんなさい。夜中にポップコーンを作ったりして・・・。m(_ _);m
駒津峰付近から甲斐駒を仰ぎ見ます。
空の青に吸い込まれそうです。
彼方に北アルプスが見えています。
ちょっと、判別できないですね・・・・・。
仙水小屋前です。
”今年は雪が少ないから登れたんだ。例年も同じだと思ったら大変な事になるぞ”
と、懇々と諭されました。同宿のおじさんは、”あんたはエセだ!”と非難されていました。I 氏は、閉口気味です。”今日で正月の客も概ね捌けたのだろうね。だから開放的な気分になったのかな?”
僕はにぶいので、”そんなものですか・・・・と。”
人気の山小屋との事で、行くときが悪かったかな?
第三日目
戸台への道です。
I 氏の好きな大平小屋でゆっくりしたあと下山開始です。
仙水小屋そばです。
暗いうちに小屋を後にし、やっと明るくなってきました。
戸台が近くになりました。そろそろ今回の旅もフィナーレです。