ぼちぼち登山
ショウタンのページにリンク
2010年2月28日
今年の正月に訪れた寒峰。

もうそろそろ雪も消えた頃かな??去年の赤石山もこの頃には雪が無かったよな・・。でもあったらラッセルがイヤだな。
そうだ、ラッセルはあの御仁にお任せしよう・・・。(^ ^);
・・わざわざ和歌山からショウタンを引っ張り出し、寒峰に再挑戦となりました。

期待の通り(笑)、すでに雪は無く、快晴の下すばらしいパノラマを満喫できました。

住吉神社 8:39

  正月に訪れた時とはうって変わって、祖谷はうららかな春の陽気に包まれていた。すでに雪は無く、前回は除雪していなかった為入れなかった駐車スペースにも難なくショウタンの愛車で乗り入れることができた。この分だとショウタンのことだから藪へ突入するぞと密かに予測・・。



  神社西の”寒峰道”を入るや否や、直ぐに左に伸びる斜面に取り付くショウタン(笑)。まあ、ここを登れば八幡神社からの尾根道に出くわすからと、ちっちこ後を追う松。

  
尾根上 9:02

  結構きつい斜面だったが、毎日の自転車通勤が奏功している。尾根上には立派な道が待ち、春の陽射しの中、冬枯れの雑木林がとても美しい。
 

  立派な道があるのに、わざわざ右の整備されていないふみ後へ突入し、潅木やら笹やらの歓迎を受け、平泳ぎしながら急斜面を泳ぐ事しばし・・・。



  やっと道に戻ったと思ったら、再び又急斜面へ突入。



西寒峰  10:51

  そして藪を抜け、西寒峰を巻く道に足を踏み入れるショウタン。フフフ・・、許しませんヨ。僕は高いところがスキなので、西寒峰にも登りましょう。

西寒峰には先行者二人。すばらしいパノラマを楽しみながら、少しおしゃべりを楽しむ。



  登ってきた尾根の向こうには、昨秋二人で歩いた牛の背〜天狗塚〜三嶺の稜線がはるかに横たわっている。


  西寒峰からの下りは、トレースが見つからない。寒峰にコンパスを合わせて、ずるずる滑る急斜面を適当に下る。下りきったところは残雪がちらほら。



  寒峰までもう少し。

  

寒峰 12:00

  念願かなって、暖かい”寒峰”へ到着。いつか聞いたことのある”青い国四国”の名に恥じないすばらしいスカイブルー。



 


  いつか辿るであろう東方、矢筈への稜線。

  頂上はさすがに風が吹くと寒いので、少し東に下った風裏で、ゆっくりと食事タイム。



  彼方に剣山と次郎笈が双耳峰のように眺められる。
寒峰東方分岐 13:13

  それでは下ろう。過去に道迷い事故があったコース。天気は最高だが雪解け間もないこの時期、トレースはおぼつかない。慎重に。



  振り返ると寒峰。またいつか来ることがあるのかな・・。


  いきなりのブッシュ・・・。が、踏み分けた跡はある。それを忠実に辿ると・・・・、


  植林地の索道が出てきた。これに乗って滑り降りれば速いのだが・・・。”ブレーキが効かずに死ぬのがオチ”とショウタン。



  樹林越しに稜線を楽しみながら、地図のコースのとおりに下る。1230m付近の分岐では、コースは南東に下りるが、ショウタン迷わず南西に進路を取る。



  そろそろパノラマも見納め。今度はいつ来れるだろうか・・。


  ”さすがマッチャン、チョウチョに目が留まるか・・”
だって、凄いと思いません?雪の中、無事冬越しした猛者ですよ??

980m林道 14:25

  急な尾根を下ると林道工事の掘削地。ここからはまじめにコースを辿る。
住吉神社 15:00

  そして出発地点の住吉神社。道中では地元の婆さまをつかまえてショウタントークを楽しむ。
  和歌山からお越しのショウタン。フェリー割引もこの3月で終了。四国が遠くなると嘆息。

  池田まで同行するも、途中チリ地震の影響でフェリーが欠航との情報。和歌山隊メンバーの寺さんが心配して連絡を下さった。結局淡路島経由で帰宅したショウタン。神戸で迷ったようで、5時間運転での帰宅となった。

  楽しかった”暖かい”寒峰。手を伸ばせば、そこに山はある。