ぼちぼち登山

ショウタンのページにリンク

行程
9/2 Timpohon Gate Layang Layang Hut LABAN RATA RESTHOUSE
8:50 11:45 14:39
9/3 LABAN RATA RESTHOUSE Low's Peak LABAN RATA RESTHOUSE Timpohon Gate
2:34 5:50〜6:16 8:04〜9:04 12:27

9月2日

8/31関空発→コタキナバル泊
9/1コタキナバル発→キナバル公園泊
9/2キナバル公園発登山開始。

昨年ネパールに旅立つ前に、”キナバル行こらよ”とのたまっておられたショウタン、まさかこんなに早く実現するとは夢にも思っていなかった僕は、”そうそう、行きましょう、是非!”と合槌を打っていた。
行動力破格のショウタン、ネパールから帰国するや否や、”早よ行こらよ、早よ行こらよ!!!”
かくして、実現となりました、キナバル登山。当初はシマヤンが同行くださる予定でしたが、都合で急遽ピンチヒッターのノブヤンとの3人で出かけることにあいなりました。
ガイドの同行を義務付けられているキナバル、Mr.Rony Gahunという精悍な26歳(独身)との楽しい登山の始まりです。
登山口のTimpohon Gateは1866m、Gateをくぐると、いきなりの下りから始まります。道端に咲いている可憐な花を楽しみながら、余裕綽々のメンバーです。
しかし、すぐに急な階段が現れます。これからLABAN RATA RESTHOUSEまでの標高差1400m、大山のような階段が”これでもか、これでもか!”とばかりに続きます。大山と王子ヶ岳でトレーニングを積んでいた僕は(笑)、あまり違和感を感じません。
赤道直下とはいえ、今年の日本の夏を経験している我々は、コタキナバルでさえ爽やかに感じます。
それにしても、小屋へ荷揚げするポーター達の凄い事・・・。
見よ、このふくらはぎ・・・・。
聞くと週に二回キナバルのガイド登山をするとか・・・。
凄すぎです・・・。
英語のわからないショウタン、コミュニケーションに問題は全くありません。ショウタン語は万国共通です。
毒をもって、毒を制す・・・・・・m(_ _)m
この写真を見たRony、”うう〜さぶい・・・・。”
”Oh ! you know Japanese very much !”
高度を稼ぐにつれ、ドンドン植生が変化していきます。
完全に晴れる事はありませんが、適度の風とガスとで、心地よい事この上なしです。
本日のお泊り、LABAN RATA RESTHOUSEです。標高3273mです。気温は10.6℃ありますが、さすがに寒いです。Ronyは半袖で、寒くは無いと言いますが、腕など鳥肌を立てて歩いているところを見ると、やっぱり寒いはずです。

9月3日へ