ぼちぼち登山

ショウタン・シマヤン・松

2008年12月8日
藤白神社  9:06
シマヤンプランで、噂に高い熊野古道を歩く事になりました。
前夜は名草山でシマヤンたこ焼きをご馳走になり、いつもながらのマルチタレントぶりに舌を巻く松でした。
藤白神社  9:13
藤白神社の神主と縁のあるショウタンが神主とお話中、境内をうろうろ、うろうろ・・。掃き集められたイチョウの落葉がとても美しい黄色い絨毯となっていました。
藤白坂へ  9:31
なかなかの急登との情報の藤白坂。良心市でみかんを売っていました。さすが本場和歌山です。とてもおいしそうだったけれど、手をつけませんでした。
地蔵峰寺  10:13
そこそこの坂を、1丁毎に設けられた地蔵に励まされながら登りきると、国指定重文の地蔵峰寺があります。
下津橘本王子社付近  10:38
下津への下りは、みかん畑の間にうねるように続く日当たりの良い車道を辿ります。福勝寺に寄る予定が、手前の橘本王子社でお茶を濁して、先へ進みます。
一壺王子  11:33
有名な泣き相撲の土俵がありました。テレビでしか見たことの無い異国の現実味を帯びない情報も、こうして目の当たりにすると、そのぬくもりが伝わってくるようです。
蕪坂峠への路  12:15
ここは急登でした。藤白坂から一旦下津までおりて、再度この坂を登るのは堪えます。
昼食タイム  13:12
蕪坂を登り終えて、やっと昼食タイムです。風裏に入ると途端に暖かなぽかぽか陽気に変わります。紀州は南国です。
紀伊宮原駅  14:40
蕪坂塔下王子社からの下りもすばらしいみかん畑でした。収穫時期真っ最中なのか、収穫の手伝いに訪れたのであろう家族連れの明るい声が、そこここから聞こえてくるのどかな空間でした。
おまけ
シマヤンたこ焼き⇒絶品です。