黒斑山(浅間山外輪山)
2016年7月23日

現在、噴火警戒レベル2の浅間山。本峰・前掛山共に登山禁止。

思うところはあるものの、名峰の勇姿を拝むべく出かけてきました。

登山口  9:41

 往路は東京駅より北陸新幹線で佐久平へ。バスに揺られて車坂峠に着くと、そこには地元の小学生の団体が・・。今日も賑やかな山歩きになりそうだ。


登りはじめはこんな感じ。
傾斜の少ない林間の道を辿ります。


朝方のガスが取れ、
徐々に晴れていきます。
槍ヶ鞘  10:41

 小さな上り下りを越えて稜線に出ました。ここしばらく体調が芳しく無く、身体を動かしていなかったので、身体が重い、足がだるい。


  火山ということで期待していなかった植生はずいぶん豊富。メボソムシクイなどずいぶん人慣れしていて、ほんの1mほどの至近距離でさえずってくれます。
 
トーミの頭  10:50

 槍ヶ鞘からは、外輪山の稜線歩きとなります。浅間山側の斜面はほぼ絶壁。落ちたら下まであっという間。



 浅間山方面は、雲が切れそうで切れない。
黒斑山  11:05

 黒斑山頂上はすごい人。道標を脇に、ひっきりなしに”ハイ、ポーズ”。


 時間はたっぷりあるし、頂上はごった返しているし、あそこまで行きますか・・・。

蛇骨岳  11:27

 時折見え隠れする浅間山を右手に、高山の趣を楽しみながらてくてく歩きます。
仙人岳  11:38

 今日はここまで。Jバンドを下って、下に見える道を周遊しても良いなと思ったのですが、この時点ではそれが許可されていることを知らず。歩いている人を見て、”いけないんだぁ〜”・・。


浅間山本峰はこんな感じ。
登ると達成感はあるのかもしれませんが、
私はやっぱり生き物の匂いのする
山が好きです。
 

何だかよさげな空間が・・。

足元は絶壁。
遥か下にはイワツバメの大群落。
上空にはハリオアマツバメの爆音。

 
道中は実に花が多い。

復路は高峰高原前からバスタ新宿まで高速バスで帰るので、時間はたっぷり。

周囲に気を配り、独りであることを確認し、
歌を歌いながら、
写真を撮りながら、

ぼちぼちと往路と同じ道を下ります。

登山口  14:15

  想像に反して、良い山でした。これから2時間のバス待ちです・・。すぐそばにある高峰高原ホテルにはお風呂もあるけど、登山口に設置されている立派なベンチでうたた寝をして時間を潰しました。

 
  


  出発前にこれを見ていれば、周遊コースを楽しんだのに・・。まっ、小学生の団体に気を取られたワタシが悪いのです・・。
  
16時を過ぎる頃からガスが出だし、2000mに少し届かない車坂峠の登山口は急速に冷えてきた。
寒いの。

待ちに待ったバスが到着し、新宿へGo。

着いてみたバスタ新宿は、この前ウロウロした建物じゃないか!
凄いところにバスターミナルを造りましたな。