黒笠山
2019年11月17日

300名山踏破済みの鬼軍曹から、
「こらっ!近頃たるんどるぞ。」と、毎度のお叱りのメールが。

歯の治療もクリスマス前まで一時お預けだし、お腹の出具合も気になるし、疲れるの嫌だし・・・・。

で、高松隊隊長の河地君にどこが良いか聞いてみると、

「そら、黒笠山やろ〜・・・。」

????

かくして、ビビり松が久しぶりの本領発揮となった山歩きが始まりました。(涙)

いざ、出発  7:02

 事の始まりはガイドブック。コースタイム5時間5分に釣られ、小島峠往復コースを選択し、峠で前夜車中泊。近くの民家?から流れてくる演歌を子守唄に、満天の星を楽しみました。
登り口?  7:14

 等高線から、ココが登り口と見当をつけて突入。私有地であったならごめんなさい。


 杉の植林やその林道を辿っていると、しばらくして行き止まり。どうせ稜線沿いの道だからと、そこから山の斜面に取り付き、落ち葉を踏みしめながら稜線を目指すと、ピンクテープが。旧小島峠が見極められず、稜線をひたすら辿りました。

7:53

 路は落ち葉に覆われてはっきりしないが、鹿のおかげで下草が無いので稜線上は何処でも歩ける感じ。



 途中の開きから北方を覗いてみると、これから向かう黒笠山の頂が見えています。ここからあそこまで1時間半で行けるのかと、不安な心がむくむく。
8:45

 切れ落ちた個所や、落ち葉で見分けがつかない箇所は、鹿道を頼りに進みます。あれに見えるは1530m峰?コースタイムが何だかおかしいのに気が付いた頃。あくまで私メの足を基準にしたら…のハ・ナ・シ。

8:49

 こんなに歩いたのに、まだ半分も来てないの〜????
1600m峰への登り  10:17:

 ガイドブックでは、「木の枝をつかみながら登る斜面、初心者が下りに使用する場合はロープがあると便利」な急坂。あんな坂、私は下れません。これで復路もこのコースは消えました。路も不明瞭で、ほとんど鹿道をトレースしました。あいつら4本脚でも登れるんだから・・・、と自分を励ましながら。

11:02

 おかしいフラフラする。足が進まない、動悸がする、吐き気もする。登れない。じゃ、ピラフ食べよう。あれ、このピラフ、水5分でできるじゃない!

 5ふん経って食べました。まだガジガジであったけれど、そこはそれ、胃に入れば同じだから・・。

 
 
 もうちょっと、もうちょっと。アレ?足が出る。ピラフの力か?
黒笠山頂上  11:46

 やっとこさの山頂。いつも以上に愛おしい山名版に思わずスリスリ。

 ・・?でも、登りに4時間44分かかっている。コースタイムは2時間25分・・・・。

  ・・どうしよう・・・。

 矢筈山方面

 頂上からの眺めはすんばらしく、


     
 天狗塚・牛の背方面


 剣・三嶺方面

 阿讃山脈方面
     
 頂上直下の鎖  12:01

 
今日のコースタイムは私メ用ではないようなので、いつまでものんびりしていられない。下りに取り掛かると、路が無い。よくよく眺めると、おっそろしい切れ落ちに鎖が・・・。

 矢筈山分岐  12:07

 
まっ、路がありますから何とかなります。
 黒笠神社への下り  12:23

 
と思ったのものつかの間、路は落ち葉でおしゃれにコーティング。ピンクテープ頼りの下りが続きます。
     
 黒笠神社  12:26

 
コースタイムが変。1時間のコースタイムを何故30分弱で下れるの?このガイドブックのコースタイムで??



 
憤りや懐疑心は、森の木々が消してくれます。路は悪いけど、この空間はサイコーです。
 鳥居 13:48

 
右足親指の爪が痛い。きっと今回も死にますね、この爪。この部分はコースタイムピッタリ。もう、気にせず歩きましょう。暗くなる前には車に辿り着けそうなので・・・。

     
 白井  14:04

 
私の故郷の雰囲気そのまま。とても懐かしい雰囲気を醸し出しています。


   小島峠  16:19

 
そして、白井から小島峠への車道の登り返し。標高差550m、6.3km、コースタイム1時間50分。楽しいウォーキングをこなした先には、今朝無事登山を祈念したお地蔵さんが静かに佇んでいました。


 
私メはいつも旺文社の地図でコースタイムを見積もっておりますが、今回は分県登山ガイドを参考にしました。
帰宅後に旺文社の地図を開くと、小島峠→黒笠山へのコースタイムは登り5時間、下り4時間。
やっぱり私メの足は旺文社モードのようです。

「もうこのガイドブックのコースタイムは参考にしない方が良い」と、本棚へしまおうとして愕然!
なんと、そこには同じ本が・・・。

そういえば、数年前にこの書籍を購入し、旺文社の地図とコースタイムを比較し、
その両者の違いが大きい事から「このコースは不明点が多いので避けよう」と考えた記憶が、
霧の彼方から蘇ってきました。

いろんな意味で、歳には勝てないなと考えた山行となりました。