会津駒ケ岳〜至仏山
2015年7月25日〜27日
眠気まなこをこすりながら最寄りの駅へ。車道を横断していると、のろのろ運転の車が。早く渡り終えようと、小走りしようとした次の瞬間、道路に転がってました。靴ひもを靴に引っかけ、派手に転んだようです。顔をしたたかに打ち、口を切り、肩と膝からも出血。次第に脇腹も痛み出した。両手は捻挫で腫れてくる始末。それでも尾瀬が待ってます。行かなくちゃ・・。(笑)
7月25日 
会津駒ヶ岳登山口  10:46

  王子駅で関東支部長の車に便乗。関東支部長は中門岳に登るとか。それなら僕もと思ったけれど、次第に痛みが増す脇腹。これはチョットやばいかも。

水場  12:20

 今晩宿泊予定の駒の小屋は素泊まりのみ。重い食料は関東支部長が担いでくれます。
 水場の水は手を切るような冷たい流れ。生き返る〜。この時期には十分な流れがありました。



  森林限界を超えると、見えてきました会津駒。ハイジの世界にこんにちは。



 
 ほんとに”おひさ”のチングルマ。好きだな〜、この花。

  

 小屋で受付をして、とりあえず山頂まで行きましょうと、
 てくてくてくてく。

会津駒ヶ岳山頂  14:38

 風があります。虫がいないのはそのせい?と思っていたら、夕方にはわんさかと湧いて出ました。吸血系の虫も暑さが苦手なのかな?

  小屋脇にはまだ雪が残っています。
  夕食は、関東支部長が担ぎ上げた”おでん”。おいしくいただきました。

  関東支部長が好きな花はこちら。

7月26日に続く