祖谷 三嶺周遊
2012年3月10日
そろそろアプローチの雪も消えたかな?久しぶりに四国の山に行ってみようかな?
で、昨秋より温めていた計画を実行することに。11日の日曜日は寒気が入るとのことで、道路が凍るとイヤだな・・。で、出かけました。ところが9日の夜に雪が降った模様で、304号線を進む事しばし・・・、とうとう滑り始めました。で、石堂山は断念。調子がよければ矢筈までと安易に考えていた僕は、登山口にすら到着できず、撤退。計画はきちんと練らないと駄目ですね。行けるところまで行こうのつもりだったのですが・・。
気持を切り替えて、阿讃山脈の竜王山に変更。ここなら雪も無いだろうし、縦走路はばっちりだろうし・・、と、これまた行った事も無い山を勝手に想像してGO。結果オーライの楽しい一日でした。下山後に、地図不携帯ハイキングになった事に関して先達からお叱りを受けました。
※竜王山で出くわした地元の方と思しきオヤジから、304号も落合峠も4月半ばまでは無理だと思ったほうが良いよとのアドバイスをいただきました。
登山口に選んだ地点  11:28

  阿讃縦走路沿いに車道が走る、少々味気ないエリアですが、それでもここにも雪が・・。車はABSがゴトゴトと働くし、こわごわ、こわごわ路肩に駐車。




  まずは阿波竜王山を目指します。昨夜一日で降った雪。新雪で締りがありません。軽アイゼンを車に忘れた僕は、滑らないように登ります。
11:38

  阿波竜王山頂上。200メートルの距離に10分かかりました。久しぶりの運動に、汗が噴き出します。気温は丁度ゼロ℃。。


  引き続き讃岐竜王山へ。阿波竜王山頂上から伸びる縦走路には踏み後があります。讃岐側から登られたのでしょう。
11:58

  そして讃岐竜王山です。700メートルに20分かかりました。物足りないので、引き返して竜王峠まで歩いてみる事にしました。


  讃岐竜王山から来た道を辿ると、さながらジェットコースターのような下りが・・。登る時には気がつきませんでした。




  阿波竜王山からは、往路を辿るのも味気ないので阿波縦走コース(・・・^ ^);を辿りました。誰も通っておらず、気持の良いくだりのその先にはお地蔵様が。
13:03
  
  そして駐車地点から今度は西に歩き、竜王峠に到着。途中二つのパーティーに会いました。この竜王峠で昼食のパンに齧りついていると、単独行の方が・・。その方もここで昼食。その方いわく、”誰もいないと思って来たら、好き者がいるんですね・・。”^ ^);

13:45

  ゆっくりした後、雪がちらつきだしたのをみてそろそろ帰らなくチャと、車道をテクテク、テクテク。愛車が見えてきた頃にはすっかり汗も抜け、近いうちに矢筈への再訪を計画している懲りない松でした。

  三頭トンネルを抜けたところにある温泉でゆっくり・・。少しぬるぬるした湯で身体はぽかぽか。学生時代の友人と高松市円座の古民家でコーヒーを楽しんだ後、瀬戸大橋を渡って帰りました。その友人曰く、”フェイスブック始めたらええのに・・。がいにうまげなぞ・・。”久しぶりの讃岐弁がとても懐かしく心地よかったです。