祖谷 三嶺周遊
2011年12月11日
本格的に雪が降る前にもう一つ祖谷の山に登りたいなと計画していましたが、前夜に飲み会が入り、朝起きれず・・。ならば近くの山にでもと、岡山の山百選のページをひっくり返してあれこれといつものように悩んだ末、じゃ、以前に行った鷲峰山に行きますか・・・。今回は、前回パスした高山にも足を延ばしました。
井原線備中呉妹駅  10:29

  自宅から40分少々で、駐車スペースへ。これから向かう高山〜鷲峰山の稜線を眺める。




  今回はこの信号を右折。山が見えているので、谷筋を間違えないように北上すれば、複数ある右折ポイントはどこでも良いのでは??
  
10:42

  ここを左折。
10:55

  穴門山神社方面(右)へ進む。左折は行き止まりと、道案内版に描いてある。
11:08

  舗装された車道歩きはおもしろくないので、ここを左折、しばらく竹藪内の未整備道を辿ったが、道が無くなって引き返した。



  眼下には、辿ってきた舗装道路。直登できれば良いが、蔦が絡み合ったブッシュ。絶対イヤです。

11:44

  穴門山神社。階段を登って右折。トイレ脇を通って山道へ。
11:53
  
  道なりに登ると、道は次第に向きを東に変える。おかしい。一旦鞍部まで下り、踏み後のない稜線沿いに西へ向かうとすぐにお地蔵さん。案内書には”巨岩の下の地蔵”とあるが、巨岩はない。でも踏み跡は西へ延びるので、コレに違いないと足を踏み入れる。




  くもの巣や軽いブッシュを掻き分けながら赤テープと方角を頼りに歩く。境界の石柱を確認。心細いくらいの踏み跡が西へと続く。高山頂上には三角点があるとのことで、とりあえず西へ進む。
12:12

  三角点があった。眺望はないが、風もない。昼食のパンに齧りつく。コンビニで購入したゴルゴ13を一話読んで、腰を上げる。これより西への踏み後は無いので、来た道を引き返す。

12:36

  お地蔵様へ戻ってきた。ここから南の踏み跡を辿り、穴門山神社からの山道に戻る。
13:09

  穴門山神社からはまた舗装の車道を道なりにテクテクと新本峠方面へ。よそ見をしていて、峠の手前にあるこの道に気がつかず、峠を越えたところでおかしいと気がつき引き返した。


13:43

  鷲峰山頂上には大きな鉄塔がある。冬の澄んだ青空が広がる。


14:09

  山道は南へ続くが、棒澤寺に寄りたく、ここから下山。




  すると、棒澤寺の仁王門前に出た。どうやら前回登った道とは異なる道を降りたようだ。今回は井原線に乗って帰るので、この仁王門前を左折。


15:02

  テクテク、ひたすら南下。井原線が見えてきた。三谷駅に着く頃には、ゴトゴトと電車の音。ホームにダッシュで駆け上がり、丁度到着した電車に飛び乗った。これがまたなんともステキな電車。呉妹駅までは一駅区間だが、良い旅気分を味わえた。皆さんにもお勧め。