ぼちぼち登山

ショウタンのページにリンク
シマヤンのページにリンク

行程
1/28 戸沢山荘 花立山荘 塔ノ岳 丹沢山 蛭ヶ岳 丹沢山
7:08 9:25 10:25 11:50 14:41 16:46
1/29 丹沢山 塔ノ岳 新大日 戸沢山荘
7:39 8:59 10:20 12:04
1/28
僕は雪が大の苦手。こんな僕でもこの時期に登れる山は???と言う事で、丹沢を選択。
雪の富士も美しく、百名山派でないショウタンも大変喜んでくれました。シマヤン隊長の下、山歩隊+@の楽しい登山となりました。
この時期は、雪があります。僕は、訳あって”スベル”ものが嫌いです(^ ^);
そこでと言っては何ですが、絶対に滑らないオジサマに援軍を御願いしたところ、”早よ行こらよ”との快いお返事。

かくして、和歌山のオジサマ二人に新大阪で拾っていただき、東海道をひたすら東へ。着いた所は大倉の滝沢園。ショウタンに負けじ劣らじの、おしゃべり好きの陽気な女将さんの手作り料理で、明日への準備を整えます。
翌日、氷点下の気温の中、戸沢山荘から登山開始となりました。
天神尾根を大倉尾根に向け、ひたすら登ります。所々の圧雪が凍っており、よく滑ります。
シマヤン、なにやらごそごそ、ごそごそ・・・。
急な樹林帯の登りを終え、大倉尾根に到着です。大倉方面からは、ちらりほらりと登山者が登って来ます。
花立山荘を過ぎた頃から、すばらしい展望が開けます。
疑わしい目をして、”松がいるから・・・・。景色は望めないよな・・・。”などとひそひそ話をしていたオジサマ二人に、”へへ〜ん!!”とばかりに意気揚々の松でした。
蛭ヶ岳まで、富士が目を楽しませてくれます。少し歩いては撮影タイム、少し歩いては撮影タイムで、なかなか前に進みません。
天気は薄曇。風はさすがにきついのですが、氷点下6℃はそんなに寒く感じません(目出帽被っていますので・・)。雪はとてもきれいで、誰かのツボ足の跡など、ブルーに輝いています。
蛭ヶ岳頂上の池面・・・、いや、イケメンです。三角点に興味のあるショウタンは、この後、あっちの雪を掘り返し、こっちの雪を掘り返し・・・。シマヤンと僕は、蛭ヶ岳山荘の中に避難し、暖かいコーヒーを楽しみました。山岳救助犬も可愛かった・・。
今夜のお泊りは丹沢山みやま山荘です。残光の中、蛭ヶ岳からボチボチと帰ります。陽が傾くと、寒さを感じます。
みやま山荘のご主人は、本格的なクライマー。ショウタン・シマヤンは話が弾みます。
酒の飲めない僕は独り寂しく2階で、暖かい布団にくるまっていました。
二日目へ