ぼちぼち登山
昨日の東京の雨がここでは雪だったようです。
女体山頂上です。快晴無風の暖かい頂上です。この時期にしては珍しいとの事です。いつもなら日光からの吹き下ろしが吹き荒れているとか。弁慶茶屋で甘酒をいただいた時に、茶屋のオジサンにうかがいました。岡山からと告げると、”梅茶でも飲んで”と、お土産までいただきました。今度はもっと遠くから来た事にしよう^ ^);
陽光がまぶしすぎたのが少し難ですが、眺めは抜群でした。
天気が良く、気温もかなりある(でも息は白い)ため、霧氷が融けて、雪の無い道はじゅるっじゅる状態です。頭上から滴り落ちる水滴を汗拭きタオルで拭いながら登ります。
昨日とうってかわった快晴・無風の中、少々ゲテモノじみた登山口から出発です。
地図に載っていた”筑波駅”と、”つくばエクスプレス”の”つくば”駅を混同してしまい、料金を確認せずにタクシーに乗り、メーターが上がるのに目がテン・・。”あんなに筑波山遠いのに、10分で本当に着くのかな”などと、ぼんやり考えていたいつもながらの”抜け”ている僕がいます(笑)。
行程
2/25 つつじがおか 弁慶茶屋 女体山 男体山 筑波山神社
道中数ある奇岩が御神体として祭られています。いつも登っている王子が岳を彷彿とさせます。
来し方を振り返ります。早春(晩冬?)の木々の色合いが素敵です。
男体山から女体山を見上げます。あとは下るのみです。
下りにかかると、筑波山神社からの登りの方々が数多いのに少々びっくりしました。
”頂上まだですか?””雪降ってますか?””アイゼン要りますか?””こっちからの登りのほうがきついから・・・。”
”山”としての筑波山には期待していなかったのですが、少しの雪(笑)あり、大木の森あり、絶好の眺めありで、とても良い山でした。63座目の筑波山、満足です。
下りの途中で、濡れた木の根に滑り、手にぶら下げていたカメラを壊してしまいました。ああ、またお金が要る・・・・。
今回の茨城県訪問により、足を踏み入れたことの無い都道府県は、残すところ北海道のみとなりました。
高度が上がるにつれ、道に雪が残っています。融け落ちた霧氷も積もっており、美しい模様を描いています。