ぼちぼち登山
行程
8/31 駐車場 角ヶ仙 駐車場
12:16 13:30〜13:45 14:35
少し行程を減らそうと、瀬戸中央道水島ICから岡山道の総社ICまで高速を使いました。足守を抜けて院庄ICの下をくぐり、一路越畑へ。途中一回道を間違え、田んぼで草刈していた方にヘルプ。県北はもう稲刈りが始まっています。
泉ヶ山を左に、北へ暫く進むと、ありました、登山口。
ここから薄暗い、今は閉鎖しているキャンプ場の脇を通って、登山道へと足を進めます。
登山道に入ると、いきなりどこかの高速道路みたいな看板が連なります。急登かつ段差の高い階段がしばらく続きます。ゆっくり登ればよいものを、ムキになって一足で一段上がるものだから、異常に疲れを感じます。
やっと少し平らなところに出たと思ったら、角ヶ仙の本峰がかなたに・・。”このクソ暑い中、この急な勾配をあそこまで登るのか?”と、いつもと異なり嫌気満々の松です。
山はすっかり秋。(暑いけど・・)
桔梗やススキがたなびく中、相変わらずの急登がひたすら続きます。おまけに道ははっきりしているものの、ササが上を覆い隠している為、状況がよくわかりません。まあ、登りは何とかなるのですが・・・。
なんだか悔しいような植物がありました(^ ^);
来し方を振り返ると・・・。
アレに見えるは泉ヶ山!コースを間違え、シャクナゲと格闘した泉ヶ山!
そして、やっとのことさ頂上。先客一人。岡山県美咲町からいらしたとか。同じガイドブックをお持ちでした。
頂上でお昼を食べようと、頑張って登ってきましたので、ややシャリバテ。コンビニのり巻きと温かいお茶で昼食です。
ブトが多くて大変。
先客の方、登ったコースを下りようとされたので、ちょっと声をかけると、”往路を引き返すのが無難と書いてありましたので。先ほど下った年配の夫婦もそうされましたよ。”・・・・
う〜ん・・・。
彼らは正しかった。(笑)
臨機応変な行動のとれない松は、予定の通り、周回コースを下りました。あれは道ではありません。滑り台です。樹林帯へ入るまでに両手では足りないくらい転びました。急勾配の上、ササが道を覆い隠し、かつ最近の雨でよくすべる黒土。
”急勾配だから慎重に下りましょう”とのガイドブックの記述に毒付きます。”慎重に下りたら滑らないのか??滑らないのか?ええ?”・・・訳あって、滑る事が大嫌いな松でした。
樹林帯まで下ると、随所に小川が流れており、小気味の良い散策路となります。
あんまり二度は行きたいと思いません。富士山と同様、姿の良い山は眺めて楽しむくらいが丁度良いかと・・(笑)。
コーブーのお風呂を済ませて、さあ、どこに行こうかと”岡山の山 百選”を開いたら、角ヶ仙のページが・・。”山容もいいじゃない”と、軽い気持で愛車を走らせ、登山口の越畑部落に入ると、本当にすばらしい山容。”これはきついぞ〜〜。”